●日時/平成30年4月10日(火)午後6時30分より
●場所/本門寺 霊山閣
●ゲスト/ 奈良西部病院トラベルクリニック医師
     等々力(とどりき)政彦氏
●お話と演奏「札幌氷河計画:札幌に人工氷河を創ろう!」

 札幌市民にとって、雪は「敵」である。
市内からは、年間1500万m3前後もの大量の雪が「ゴミ」として融解処理される。
処理費用は年間200億円。1m3の雪の処理に1000円程度かかっている計算となる。
じつはこの雪の量は、日本最大の氷河、北アルプス剱岳の三ノ窓 氷河のおよそ10倍もの量なのである。 そこで、この「ゴミ」を一か所に集めて、巨大な万年雪を創ろうというのがこの計画である。今回は、氷河とは何か、「札幌氷河」の実現可能性とその利用方法について、南シベリア・トゥバの音楽とともにお話しいたします。
               (ゲストメッセージ)
        

■サローネ・デル・ロト事務局
  大和郡山市筒井町1344 本門寺内
  電話 0743-56-4470  FAX 0743-59-0507
■会費 2,000円

  


 第610回例会



              























 
                 
   
                

                 

                      

●例会のポスター